現役占い師が選ぶ電話占いランキング

【感情線】手相鑑定士が完全解説!!

【感情線】手相占い

感情線が示すのはその人の感情や性格、心の働き方などです。感情表現や愛情表現は人との関係に大きく影響する要因を感情線から読み取れるため、人との接し方から恋愛や結婚といった人生の流れまで読み取ることができます。

他の基本四線と比較すると、細かい支線が出ているなどして乱れていることが珍しくないのがこの線の特徴でもあります。また、感情線が乱れているほど感受性が高いことを表します。

感情線の形で、自分でも気づかなかった資質を知ることができます。

感情線の流年

感情線の流年

性格や感情・感性など様々な要素が表れる感情線ですが、とりわけ愛情についてを読み取ることができます。そのため、感情線を流年法でみれば、恋愛や結婚といったイベントがどの時期に訪れるのか予測できてしまいます。

線が長ければ愛情深く、線がまっすぐなら直球型、線が曲がっていれば温和といった傾向があり、感情線が途中で途切れていたら愛情の変化から破局するといったことも読み取れます。

感情線は人の気持ちと同様によく変化する線でることも特徴です。

感情線が長い

長い感情線

平均的には人差し指と中指くらいまでの長さの感情線ですが、これが手のひらの端まで届くほど長い感情線を持つ人は、愛情が激しく嫉妬や独占欲が強くなる傾向があります。

感情が激しいため、ひとたび燃え盛ると抑えることができず、好きな人ができると猛烈にアタックしていくのがこのタイプの人です。

その愛情深さから面倒見は良いものの、支配欲や独占欲も強いため、嫉妬心が強く不満を抱えるたり、相手の行動に干渉し過ぎてしまうところがあるため注意が必要です。

衝動的な性質なので、パートナーは柔軟な人だと上手くいくでしょう。その情熱やエネルギーを仕事に向けることで才能を発揮して評価されたり、リーダーシップをとって活躍できるかもしれません。

感情線が短い

短い感情線

中指まで届かないような短い感情線の人は、感情の起伏がなくあっさりしている淡泊な人です。

感情の起伏があまりないため常に冷静です。人間関係もあっさりとしているため、感情や愛情表現に乏しく人間味に欠けてしまうところがあります。

相手の感情に乗っかって話を聞いたりすることが苦手で、クールに対応してしまうところがあるので「冷たい人」と思われてしまうこともしばしば。

愛情面のエネルギーが不足していますが、逆に相手を束縛したりすることもありません。恋愛の駆け引きなども好まず、理数系の職種が向いています。

感情表現を心がけていれば短い感情線も長く伸びてきます。

反りあがる感情線

反りあがる感情線

中指当たりの位置で感情線が急カーブして反りあがってる人は、情熱的だが冷めやすいタイプの人です。

感情線の曲線は感情の激しさ表しているため、曲線が急であればそれだけ感情が激しく情熱的であることを表しています。恋愛も仕事もこれと決めたらとことんのめり込む傾向があるため、冷静さを失って正常な判断ができなくなることもあります。結果、騙されてしまうこともあるので注意。

熱しやすいが冷めやすいところもあり、自分の思い通りにならないとあっさり気持ちが冷めてしまったりすることも。価値観が同じ相手が見つかれば良い関係を築いていけるでしょう。

ストレートな感情線

ストレートな感情線

ストレートで直線的な感情線を持つ人は、合理的で感情表現が苦手なタイプです。

理性を示す知能線の影響を受けているため情緒が抑制され感情のコントロールがとても上手です。

感情に流されず冷静に物事に対応できるため周囲から信頼されやすいタイプですが、恋愛となると愛情はあってもそれを表現するのが苦手なため、異性からは面白くない人と思われてしまうことも。

相手の気持ちに共感したり、感謝や愛情といった気持ちをしっかり言葉にすることを意識していくと、直線的線な感情線も徐々に上向きになってくるでしょう。

上側に位置する感情線

上側に位置する感情線

平均的な位置より上側(指側)に感情線がある人は、感情表現が豊で自由気ままに行動するタイプです。

喜怒哀楽といった感情を表に出し、感情のおもむくままに行動できる自由人。感情線の位置が上側だと感情豊か、下の方だと合理的ということになります。

感情をコントロールするのは苦手ですが、持ち前のノリで周囲からの人気者になる人が多いです。振る舞いとは裏腹に神経質な一面もあるため、些細なことで興奮して感情のブレーキが利かなくなってしまうことも。

気の向くまま躊躇なく行動を起こせる気質なので、大きなチャンスや成功をつかむタイプでもあります。

下側に位置する感情線

下側に位置する感情線

感情線の位置が通常より下側(知能線寄り)にある人は、現実的で感情のコントロールが上手いタイプです。

知能線に近いほど理性的で現実主義なタイプとなります。感情の浮き沈みがなく、周りに流されることもないので自分の決めた目標に向かって突き進んでいける精神の持ち主です。

理性があり落ち着いているため大きな失敗をすることはない反面、思い切った行動やチャレンジができないといった傾向があります。

また合理的すぎがゆえ他人を思いやるり気持ちに欠けるところもあるため、あまり利己的にならず気持ちにゆとりを持つことを心がけましょう。

細かく乱れている感情線

細かく乱れている感情線

細かい支線が出て乱れてる感情線を持つ人は、感受性の高い人情家タイプです。

感性が鋭く細かいところによく気づき、人間関係にも敏感なため人付き合いが上手く、周囲からの評判は良いです。感情表現が豊かで恋愛においても相手を楽しませる術を心得ています。

多感で刺激を求める傾向があったり、気分にムラがあり飽きっぽいところがありますが、喜怒哀楽をはっきりと表現するタイプなので、周りからは付き合いやすい人としてみられるでしょう。

ただ、移り気なところを認識ておかないと、仕事をすぐにやめてしまったり、浮気をしやすい傾向があるため注意が必要です。

乱れの無いキレイな感情線

乱れの無いキレイな感情線

乱れている感情線とは逆に1本の綺麗な曲線を描いている感情線を持つ人は、クールな慎重派タイプです。

冷静沈着で観察力も抜群。とても安定した精神バランスの持ち主で、感情的になることなく周囲との調和も大切にするため、人との衝突やトラブルを滅多に起こさないタイプです。

感情に任せて行動を起こすこともなく信頼される傾向がありますが、思考は至ってロジカルなため、人によっては冷たいと感じる言動を取ってしまうことも。

人差し指と中指の間に到達している感情線

人差し指と中指の間に到達している感情線

人差し指と中指の間に到達している感情線を持つ人は、とにかく愛情深く面倒見が良いタイプです。

この相の人は愛情が深く尽くし過ぎるところがあります。そのため、相手の世話を焼きすぎて甘やかしダメにしてしまうことも。

恋人や家族や友人に対してはとても愛情深く献身的に接しますが、俯瞰で物事をとらえる冷静な一面もあり意外にも好き嫌いはハッキリしているタイプでもあります。

あまりに想いが強いと相手を疲れさせてしまうこともあるので、やりすぎには注意。ある程度の距離感を保つことを意識すると良いでしょう。

木星丘(人差し指の下)まで伸びている感情線

木星丘(人差し指の下)まで伸びている感情線

※画像がない

人差し指の下にある木星丘まで感情線が伸びている人は、愛情豊で理想が高いタイプです。

長い感情線が愛情を示しているのは共通ですが、この相は単に愛情深いだけでなく相手にも高い理想を求めるタイプになります。性格が誠実で相手を大切にするところはありますが、自分の頑張りに見合わないと判断すると一転して冷たい態度にでることも。

自分の成長のために努力するのは良いことですが、相手にも求めすぎないよう注意しましょう。エネルギーを注ぐ対象を人ではなく趣味や仕事に向けるのも、家庭円満を築く秘訣となるでしょう。

蛇行している感情線

蛇行している感情線

クネクネと蛇行している感情線を持つ人は、成就しない関係を追い続けてしまうタイプです。

綺麗な曲線を描く感情線を持つ人は、恋愛や結婚が順調に行くのとは逆で、蛇行した感情線を持つ人は遠回りしてしまう傾向があります。愛情面を示す線が蛇行しているということは、恋愛や結婚向かおうとしても紆余曲折してしまうことを示しています。

努力しても成就しない恋愛や結婚、不倫関係に走ってしまうなど前に進まない方向に進んでしまいます。この相を持っている人は、冷静になって状況を見つめ直すことが必要です。

切れ目のある感情線

切れ目のある感情線

感情線にハッキリとした切れ目が表れているのは、愛情関係にトラブルをきたすという暗示です。

感情(愛情)を示す感情線に切れ目があるということは、感情面が原因となり愛情関係をこじらせてしまうということを示しています。

途切れている箇所で何かしらのトラブルや破局が訪れるので、流年で読み取り備えておくのが良いでしょう。いずれにしても自分の感情面が原因でそのような状況を招くことになるため、自分の気質を見つめ直しよく理解しておくことが大事です。

事前に察知して対策を講じておけば、トラブルも回避することができるでしょう。

感情線の切れ目を補う線

感情線の切れ目を補う線

途切れた感情線を補うような形で繋ぐ線が表れているのは、トラブルが起きても破局を回避できることを示しています。

感情線の切れ目は愛情面の何らかのトラブルや破局の暗示となりますが、その線をつなぐように線が出ている場合は、難局が訪れても結果としてはトラブルを回避し関係が丸く収まることを示しています。

元々途切れた線を持っている人が、トラブルを避けるために何かしらの行動や努力を起こした結果、それを補う線が出てくることは少なくありません。

大切なのは備えておくこと、それで運命は変化するのです。

先端が下降している感情線

先端が下降している感情線

本来なら先端が上向きで終わる感情線が下降している相は、情に厚く優しさに溢れている人に現れます。

人への思いやりが強く、愛と優しさに溢れた素晴らしい気質の持ち主ですが、それゆえ自分のことが後回しになってしまう傾向があります。

与えることばかりでなく、与えられることも考えたいところではありますが、損得なしに厚意を持って接するその姿勢が結果として良い形で還ってくることが少なくなりません。

また、感情線から金星丘(親指付け根の膨らみ)に向かう支線が出ている場合も同様に考えられます。

二重感情線

二重感情線

二重の感情線を持つ人は、精神力が高く逆境に強いタイプです。

とにかく精神力が高く、愛情や情熱も人並以上で困難が訪れても不屈の闘志で切り抜けることができます。この相を持つ人は10人に1人程度ですが、見た目が温厚でひ弱そうだったとしても内に秘めているパワーは計り知れません。

決めた目標や自分の夢へエネルギッシュに突き進むタイプで異性からもモテます。ただ、愛情も人の2倍。強い愛情を受け止めきれるキャパが相手にない場合は関係がこじれることも。

プライベートと仕事の両面にバランスよくエネルギーを注ぐのが吉でしょう。

感情線と交差する線

感情線と交差する線

感情線と交差する形で横切る線が表れている人は、大恋愛が待ち受けていることを示しています。

感情線より上側の位置から親指に向けて、斜めの線が横切る地点を流年で見ることで、結婚にも発展するような大恋愛が待ち受けている時期がわかります。これはかなり吉相となり、線が無くてもペンで書きこんでも運が向いてくるとされています。

手相は、実際に線がなくてもペンで書き込むことで運の引き寄せができることが面白いところです。

感情線から生命線に向かって出る複数の線

感情線から生命線に向かって出る複数の線

感情線から下側から親指側へ斜めに出ている線は恋愛線と呼ばれており、恋の到来を告げるサインになります。

この線は新たな恋が訪れることを示しており、線の起点となる位置を流年で見ることで、その恋が訪れる時期を予測することができます。

しかし、恋愛線が生命線に届かないほどの短い線の場合は、片思いなどで実らない恋だったり、実っても短期間で終わってしまう傾向があります。

知能線と感情線が重なるマスカケ線

知能線と感情線が重なるマスカケ線

知能線と感情線が一本の線に重なり横に走る「マスカケ線」を持つ人は、目的達成能力が高い真の努力家です。

マスカケ線の相を持つ人は2~3%程度で、歴史に名を残す戦国武将や著名な芸能人などに多くみられる線です。逆境にくじけない強靭な精神力を持ち、目標に向かって全力を注ぐことができます。

目標が大きければそれだけ手にする成功も大きいですが、目標が小さかったり無かったりすると宝の持ち腐れになります。これだ!という目標や仕事を見つけられるかが大きなカギとなります。

単独で働く仕事に向いていますが、組織に属する場合は、リーダー的な立場や専門分野であれば本来の能力を発揮できるでしょう。

マスカケ線の上部を走る感情線

マスカケ線の上部を走る感情線

「天才」や「リーダー」を示すマスカケ線の上に感情線が出ている相は、パワフルで逆境に強く愛情表現が豊かな人に表れます。

マスカケ線とは知能線と感情線が一本で繋がる吉相ですが、その上にさらに感情線が表れているということはマスカケ線の特徴である「目標に向かい全力で取り組む」といった要素に加え、愛情表現が豊で情熱的であることを示しています。

マスカケ線の相を持つだけでも珍しいですが、この形はさらに珍しい相と言えます。ものすごい愛情と前に進む力を持った人ということになります。